アイシネンを解く―断熱性

「パフォーマンス断熱」の秘密はアイシネンならではのセル構造に

アイシネンならではのオープン・セル(連続気泡)構造は、漏気を防ぎ結露リスクを最小限にする、優れた「エアバリア」機能を発揮します。 

どれだけ断熱するのか、屋根で実測
屋根の上(外気):60度 屋根裏(室内):15度
屋根表面温度 屋根裏側温度
(検査日)2003年10月24日  (測定時間)13:00(午後1時)
外気温20.1度  湿度41%  測定者  クリーンぺア九州
午後1時で外気温より屋根裏の温度が低いのは、外気温上昇の影響をあまり受けないため。
それだけ屋根が断熱できている証拠でもあります。アイシネンを屋根裏に吹き付けた成果です。
5つの断熱方法
(1)屋根断熱

太陽熱の影響を大きく受け、温度差も著しい部位です。構造的にすき間も多く、アイシネンでリフォームするお客様が増えています。狭いので吹き付け作業は大変ですが、施工後の効果は抜群です。


吹き付け前屋根裏
手前がスプレー前、奥がスプレー後
吹き付け後屋根裏
吹き付け施工が完了した屋根裏
(2)天井断熱
屋根断熱となにが違うのですか?
答えは棟換気なのかどうかです。棟換気の場合、そこにアイシネンを吹き付けたら換気ができなくなるので、天井裏にアイシネンを吹き付けることになります。 「棟換気の屋根裏を断熱リフォームしたい」というご要望に、アイシネンならお応えできます。
(3)壁断熱
音や振動を伝えやすい壁への施工は効果的。夏季の熱遮に、冬季の冷気対策に、気密・断熱効果を併せ持つアイシネンなら、四季を通じて快適な住み心地に貢献します
壁断熱
壁裏に隠れる部位でも表面の凹凸を削って平坦にトリミング
ダクト周囲
隙間を生じやすい配管の周囲などは漏気対策の重要なポイント
(4)基礎断熱
冬の暖房を考えて基礎断熱を採用される方も少なくありません。隙間がなくなるので湿気がこもらず、結果的にシロアリが繁殖しにくい環境になります(ただし防蟻剤ではありません)。建物基礎には配管が多いので、きちんと断熱処理する必要があります。
基礎内側
基礎の内側に厚く吹き付ける
凹凸処理後
表面をトリミングして仕上げる
(5)床断熱
基礎の換気を確保したい場合は、床下からアイシネンを吹き付けます。これを床断熱といいます。基礎部分の換気が気になるお客様の場合、床断熱が採用されます。
施工前
施工前の床下
施工後
吹き付け後。アイシネンは 下方からスプレーしても垂れ落ちません